[新型コロナウイルス]フランス老人ホームその後…(4月9日)

こんにちわ、しゅぺっとです。

本日もお越し頂きありがとうございます★

スポンサーリンク

マスクな事

そう!コロナ前は、マスク着用に限りなく白い目状態~やったフランス・・・ですが、、状況が状況なのもあり、外出時や買い物時は結構な人が口になにかしら巻くようになりました。

都市によっては近々、外出時マスク着用が義務づけられるとも言われてます。

勿論フランスも、N95やサージカルマスクは医療従事者や感染者が優先なので一般人は現在購入できていません。なので、日本のように手作りマスク♪♪が流行中です。

フィルター会社が布を提供。休業手当の元、自宅待機中の洋服の仕立て屋さんなど約2万人の方々がボランティアでマスク縫製され、老人ホームやパン屋、ポリスなどへ無償提供されたりしています。

なんか、今まで日本ほどマスクに関して興味も知識も皆無だっただろうフランス人。

こりゃ正しいこと!やらな!!ってなった時の動きはなかなか素早くて(笑)

おばちゃんなんか感心してます~♪

コロナ感染とフランス老人ホーム

さて先日のフランスの老人ホームの続きです。

あれから一週間ほど経ちましたが、この間フランス全体の老人ホームの新しい状況が次々とニュースで流れています。

4月9日フランスのコロナウイルスの状況

感染陽性反応・合計117,759人(老人ホームを含む)、24時間で4,806人確認。
死亡12,210人、24時間で1,341人。

入院30,767人、24時間で392以上。
集中治療中7,066人、24時間で-82人。
病院にて死亡 8,044人、24時間で412人。
治癒23,206人、24時間で1,952人。
老人ホームにて31,415人感染陽性、24時間で513人。
老人ホームにて4,166人死亡(3月1日以降)

幸いなことは、昨日から集中治療者数が全体で減ったこと。

しかし俄然、全体の約3割強の死亡を老人ホーム利用者が占めています。

ここ数日前より感染が多数でている北部地域を優先的に、全国の全老人ホームで入所者・職員すべての検査を順次実施しているとのこと。

そして前回記事にて南フランスはムージャン(mougins)という町の1老人ホームで、
2週間で24名、四分の一の利用者が亡くなった

と触れましたが、その後も全国区ニュースで毎日のように取りあげられてて

4月9日、

入所者36人が死亡。
施設内入所者73 人中31人が陽性、23人が陰性、19人は未確認(感染してるかも、してないかも)

職員50人検査の結果、14人に陽性反応
入所者の約8割が感染、3割以上が死亡。死者はまだ増えつづけている現状。
職員も2割強が感染(もちろん、病欠になります)
この施設では入所者家族が集まり、弁護士を立てて訴える準備をしているとのこと。
ニュースの中では、
施設関係者「認知症の方たちが、感染者の居室を訪れていた」
施設関係者「看護介護スタッフ間でマスクや防護服の使用の周知がなされてなかった」
入所者家族「午後5時に施設へおばあちゃんの状況把握のため連絡するも、施設側は’’元気です’’と返答。しかし、午後10時におばあちゃんは亡くなったと連絡をうける」
という声が挙がってきてるようです。状況、想像になりますが…
●感染後無症状の場合がある→気づいた時には全体に蔓延していた。
●防護服・マスクなど感染者絶対の病院優先になり、施設や在宅にどうしても不足が生じる。
●認知症の方の他室訪問(徘徊)
●家人面会禁止のため、家人自身で入所者本人の状況確認できず。施設側の言葉を信用するしかない中で、実はこの家族のお婆ちゃんが感染していた。そして亡くなるという最悪の結果に家人は納得できず。
場所によっては病院空きがなく、重症者もやもえなく施設にとどまざるをえない所もあります…
この施設の地域の病院では空きがあり、重症感染者は搬送されています。が、陽性でも症状が軽症の方は施設内で様観察です。
現在ここでは、●感染者●未確認者●未感染者 に分けて居室・移動空間もサービスも行ってるとの事。
そして感染者の多いフランス北部の老人ホームで、フランスで初めて介護士が亡くなりました。
48歳女性の方で3人のお子さんがおられたようです。

この方も、施設内に感染した利用者さんがいたのにもかかわらずサージカルマスクのみで仕事。職員らが上にN95マスクなどが必要と掛け合ったのに聞き入れてもらえなかったと。

ちょっと問題になりそうな感じも。

この施設も、多数の死亡者がでた施設も同じ法人KORIANというところで、各地に多数の老人施設を持つフランスでダントツ1大きな法人・グループです。
フランス国内全老人ホームの入所者・職員の検査実施より、陽性者・陰性者を知ることで対応が明確にできていけて感染者、死亡者を抑えることが出来ますように。現場の職員は日々新しい変化のある対応を迫まれ大変のことかと思いますが。。

また、働く職員の家族への感染心配な問題

逆に外からウイルスを持ち込まない事も踏まえて、希望職員に施設内空き部屋や外にバラック小屋を建て、そこでとりあえず寝泊まり出来るよう配慮する施設も出てきました。

実際に施設寝泊りしている職員いわく…数週間家族と会ってなく寂しいがネットで会話も出来るし、なにより自分がウイルスを持ち込んだり、家族へうつす不安が解消できたと。

まだまだ厳しいフランス老人ホームの現状ですが、試行錯誤ながらも前へ進もうとしています。
現在のフランススーパー売り切れ第一位!小麦粉なんですってよ~もう長らくお好み焼き作れてないの〜奥さん!笑

コメント