フランスで手湿疹*発症編*

手湿疹

今回は手湿疹について

f:id:chupetto_0129:20191004222851j:plain

スポンサーリンク

手湿疹との出合い

とかくも、数年前———–この介護の仕事をしてきて数10年!

日本在住のころはまったくって言うほど手湿疹とは無縁でした。

湿疹・ぶつぶつといえば…

○疲れ、ストレス感じた際、一時的に顔に

○たまに、脇の下や又裾に

というのはありました。でも、たまーーーーにです!

汚れた手は毎回、据え置きの消毒効果抜群のハンドソープでゴシゴシ手洗い後アルコール消毒液で手を消毒。

たまーーに、冬とか?乾燥気味な季節手荒れするくらいで、ハンドクリーム塗ったら完治!ってな具合でした。

もちろんフランスで働き始めてからも同じように手洗い、消毒も介助ごとに行っていました。

・・・・・が、ある時

手にひび割れ?あかぎれが出来てきて、それと同時にちっちゃい水ぶくれがブツブツと・・・あっとゆうまに手全体に広がり(ノω・、)最終的には腕~肩まで湿疹が。。

ホンマにあっちゅーまに広がっていきました。。

皮膚科受診・処方グッツ

なにがつらいって、、

夜中は特に痒くて痒くて眠れないこと…_| ̄|○

そして不眠で次の日の仕事に支障をきたすこと。。。でした。

皮膚・形成を専門とされてた施設の嘱託医に診てもらいました。

そこで、出された軟膏やらを紹介。

水に洗い流さないクリーム(清潔目的で手洗いの代わり)

 フランス語でLait de Toiletteってのんです

f:id:chupetto_0129:20200114205553p:plain
引用:URIAGE.com

使用した感想:これは使用しませんでした。職場にあったものをお試しに手洗い代わりに使ってみたのですが…如何せん洗い流さない違和感と残るべたつき感。が気になるぅ。。

○ステロイド(治療目的)

f:id:chupetto_0129:20190729030413j:plain
コルチゾンことステロイド!めっちゃ強いタイプのんみたいです

使用した感想:ざ、ステロイドです(笑)びっくりするくらい痒み・湿疹・アカギレ症状が急激に改善されました。ただ、使用中止すると湿疹が復活しました。。

○アベンヌのめっちゃええクリーム(保湿目的)

使用した感想:ホンモンの無香料・無添加なクリームは稀なので素晴らしい!かったのですが…手の保湿クリームとしては高級品!コスパは悪い。手湿疹用に毎日の繰り返す塗りなおしには勿体無い感(笑)顔の寝る前ケアクリームとして使用変更しました(笑)

以上のケアを言い渡されました。

湿疹の具合がただれたように酷くなっており、ここまでくると

肌を守るバリアが消失し、触れるものによって悪い刺激となる。

添加物・洗浄効果抜群!

がっつりバクテリアを倒すハンドソープや消毒は論外!

硬水である水も極力さわらないのよ!

と言い渡されました。

 

この先生の前に実は皮膚科専門医の所へも

その先生もこれは…

接触性皮膚炎、汗疱、手湿疹だろう。

これを完治させることは実は、大変難しく時間がかかると。

ケア方法の見立ては上記先生とほぼ同じでした。

  • ステロイド
  • 極力洗わない。肌を刺激しないこと。

治癒方向に向かないならば、アレルギー検査をしましょう。と

ここから完治に向けて西洋医学の先生の見解を受け入れ、実施しつつ

私自身でも手湿疹の勉強と実践を始めるに至ったのです。。。

長くなりそうなので、次回に続きます ー=≡Σ( ε¦) 0

 

コメント