フランスの習慣

2019年09月03日

口腔ケア*フランス老人ホーム*

こんにちわ~しゅっぺっとです♪ 

さて9月。フランスは新学年の始まりです!! 
フランスの新入生の皆さま、親御様。 
☆Bonne entrée☆★おめでとうございます(*≧∇≦)ノ 
日本の皆さまも新学期ですねー★ 
長ぁぁい夏休み!皆さま楽しまれたことと思います♪ いや…親御様本当にお疲れさまデシタ~(汗笑) 

この新学年(新入学)の初日に際して。
働くフランスの親御さんには職種や所属団体、
職場によりけりですが13歳以下の子どもがいる場合、
例えば 理美容師さんは3時間遅れの出勤可 清掃業者さんは1日有給など特典があります。

うちの老人ホーム職員の13歳以下の子をお持ちの方々は1時間遅く出勤可能でした。
 日本のように、「式」はない様なのですが…
 親御さんも少しでも多く、
余裕を持って子どもさんを一年の始まりの一日目の朝を見守り送り出せること♪
これはとってもいい制度かなと★ 

さてはて…本日のお題は”口腔ケア”について。
歯磨きといえど勿論、日本と同じく歯ブラシに歯磨き粉をつけて…ゴシゴシと。 
昨今では日本と同じように電動歯ブラシもちらほらお見受けします♪ 
上記、自立の方々は各自でされています。 

私がフランスで働いた二つの老人ホ-ムでは、
各個室の居室に車イスも対応の洗面台がありますので
うがいキャッチャーやったりは見かけないかな 入れ歯の方々は、
日本のように~専用磨き粉で洗ったり、ポリデントにつけたり(名前同じ(笑))
ここまでは同じなのですが…

前の施設では、 保管時は水につけません!でした・・・
なんでも、水の中で雑菌が繁殖するからとのこと。 

朝に着用の際にポリグリップつけたり水にぬらして装着します。
日本では現在どんな保管・対応なんでしょう???

そして、歯が無い方でうがい出来る方はうがいを。 
うがいが出来にくい方は日本と同じように、
大き目の麺棒やガーゼ使用し、口の中をきれいにします。
その際にこっちでは…

 20190903230419-1


お口清潔用のBicarbonate(重曹) こと~重曹水です★ 
歯磨き・うがい・ガーゼに浸し~これをよく使用してます。 
日本でも最近’’重曹’’ってええで~っ!て言うわれてますかー? 
私、最初ぜんぜん知らんくて、、、
えっ!!!膨らし粉??? って疑ってたんですが~調べてみると、
洗浄やらホワイトニングにええらしいんですね。
ここ数年…歯磨き粉と併用して私も使ってますぅお安いですし~(笑)


あっ!!あと…最近,師長さんが嬉しそうに 「新しい物見つけましたのよ~♪」
皆に初々し嬉しそうに紹介してはった~

kouku


口腔ケアのバトン?スポンジー!!!
思わず!わぉ!!って申し送り中叫んじゃいました(笑) 
ワタシが日本で働いてた…10年ちょっと前にすでにガっつり使ってましたよーーって☆
結構、介護グッツは日本の方が先を行ってますYO感(∪´>‿<`)

もしかしたら、
今の日本はもっともっと最先端な口腔ケアグッツが出てたりしちゃったりするのかな。。


francekaigo at 23:40|PermalinkComments(0)

2019年08月27日

朝食について☆フランスの老人ホーム

ぼんじゅーる、しゅぺっとです♪

 今回はフランス老人ホームでの朝食について★
 さて、昼食の模様は以前に書かせてもらいました
 

 日本で働いていたた時の食事を思い出すと
朝は、お粥やご飯に漬物とお味噌汁かパン食が選択?
あるいは日替わりで交代やったかなっと。(遠い彼方な記憶なり…笑)
朝から普通にご飯やお味噌汁など塩っけモノもガっつりと頂く方も
日本ならでわで結構いらっしゃるかとー 
おフランスは基本!!!

甘あまスタートな朝でございます(・0・。)

普通食

普通食の方は・・・
●バケット(半分縦切り(笑))
●食パン ●ビスコット(かりかりトーストされたちっちゃい食パン的)
●パンオレ(ブリオッシュとコッペパンの間的) 
上記にジャムやバターをべったりぬりまして♪

これにお飲み物・・・
★コーヒー ★カフェオレ ★ココア ★紅茶 
これらをカフェオーレボールにたっぷり注ぎ入れて。 
プラス、オレンジジュースが付きます。 

あとバナナマドレーヌやったり、、個人のお好みで選択できますー♪
petit-dejeuner-continental


皆さんの食べ方は、パンや食パンをそのままがぶっと食べたり。
ビスコットやバケットなど飲み物に浸してから、がぶっと行かれたり~(o’∀`)ノ 
週末にはクロワッサンが朝食に出ます♪♪
(しかし介護士的には、パサパサ感+張り付く感があるので要注意!必要です)

ピュレ食(ミキサー食)ブレディン☆

そしてピュレ食(ごく刻みやミキサー食)な方はブレディンっていう… 
bledine


シリアル?を粉々にして甘く味付けしてる感じ♪
ミルクやココアを混ぜて…それこそ、ピュレくらいの硬さに。
いや~これは、味見したことがあるのですが…まぁ~いける!お菓子みたいヽ(´∀`●) 
シリアルっていうか、クッキーの粉々みたいな♪ 
 
日本にいる時、今もあるのかな~パン粥?っていう…
食パンとバナナを一口大に切って、ジャムとホット牛乳で軽くまぜたもの?! 
これが刻み食。
ここからミキサーにかけたものもあったかな。。
 個人的にはこのパン粥の匂いも味も、ちょっと苦手でした。。  

 このブレディン!!
 ”ブレディナ社”と呼ばれる乳幼児の粉ミルク~離乳食
などをメインとした会社のお名前でして、この会社が開発したみたい。 

このシリアルの粉々を私たちはブレディンとみんな呼んでます。 
なので普通はこのブレディンの対象者は乳幼児で、
赤ちゃんがミルクに混ぜて摂る朝食~な感じなんですが・・・
ピュレ食の方々の朝食に。

仏の老人ホームでは位置づけられております。
いや~ホンマに!普通にバニラやココアやらの味で美味しい♪ 
うえに、嚥下障害がある方でもホンマにピュレ触感なのでムセもなくするっといけます。
 (これにバターとイチゴジャムをさっくりまぜたものを私が食事介助の際、
裏メニューとして提供♪絶大な人気を得てるのであります(笑)) 

このブレディンの粉の状態でもいろんな栄養は入っているみたいですが…
褥瘡があったり小食で栄養摂れない方に、粉のプロテインを加えて☆

 っていうか、今回このブレディンを日本語で調べるにあたって
 なんでもあるニッポン!!!(と自覚しておりますが(笑)) 
しかし情報がまったく出てこないことにびっくり~!(日本の乳児には甘すぎなのかな) 
これは日本でもうけるんじゃない~ってひそかに思ってるんですけど、、 
日本のお年寄りの方には、甘いものはちょっと朝からはきっついかな~(・ω・。)


francekaigo at 01:05|PermalinkComments(2)

2019年08月26日

お風呂はございません~☆シャワー浴について

こんにちわ~しゅぺっとです★
今日は、、お風呂について…っといっても、 
フランスの老人ホームは勿論お風呂の浴槽は、
日本とは違って重要ではないのんで、、ございませーーーん♪笑
 (リフト浴や機械浴がめちゃめちゃ懐かしーです(゚∀゚*))

フランス(老人ホーム)の入浴事情

各居室(1人か2人部屋)に1つ
ユニットバスバスなしの~トイレシャワーがついています。 
毎日朝食後の身支度前の午前中に、基本全員シャワーを浴びるのでーーす! 

勿論シャワー嫌いな方(毎日シャワーいらん方)も一定数いはって、
そんな方達には清拭をさせてもらいつつ。 応相談で(笑) 
3日に1回とかでシャワーしてもらったり。 
立位厳しい方のにはシャワーチェアーがあります。 
全介助で座位保持が長時間難しい方も、ベッド上で毎日全身清拭は行います。

20190826054346-1



色んなトコのうわさで、 フランス人は風呂に1週間入らない。
だから香水プンプンつけるんだーとか聞きますが、、 
確かに髪の毛は4、5日…1~2週間一回とかっぽい?!
ちょっと油ギッシュ目安とかはありますが(笑) 


ちなみに、うちの周りの若いめ同僚らは(職業上的なもあるかもですが)
ほぼ毎日シャワーしてる人が多数な気が。
 老人ホームでは、まぁ清潔保持をー!って上司が口酸っぱく言うてるし、
体力仕事やから汗かくしーってのもあるから?!

ということで入所者の方々は、
毎朝後1人づつ約10人前後の入所者の方々のシャワー介助・清拭をする…汗 
ってことはイコールぶっちゃけ、
介護士側はけっこーな体力を使うんですけどねヾ(´゚Д゚`;)

 が、その反面・・・ 毎朝必ず利用者さんの体調を確認でき、
かつ、全身チェックもでき清潔保持的にもいいことだなぁと思います。 
そして、寝具が汚れてへんかチェックし汚れがあったら必ず全交換します☆
ベットメイキングもキレイにしなければなりません♪ 

べたべた湿気バツグンの日本と、
乾燥カラッカラなフランスの気候のちがいも大いにございますが…
このほぼ毎日シャワー浴、リネンの交換も加わってなのか・・・
私的感覚、、 皮膚疾患もちの方がほんま少ないーーーーw(〃゚∀`,,)w気がします。


石鹸とボディソープの使い分け

あと・・・びっくりしたのが

 せっけんとボディソープの使い分けヽ(゚Д゚;)ノ 

大体の方が、ボディソープと石鹸2種類持ってる人が多くて!!
なんで2つも身体洗う洗剤が必要なんやろか?っと思っていたら

ボディソープは、、身体全体を洗うもの。

石鹸は、、おすそを洗う用!

なんですって~ (始めしらんくて…
石鹸でめっさ身体洗って入所者の方にこらーーーっ!て怒られた記憶…笑)


大事な部分は、刺激の少ない石鹸で洗う!のが
おフランスのあるあるな気がします( ´◡` )۶

あと日本でいう・・・ビデ
代わりに用をたされた後に隣にあるシャワーでちゃちゃっと洗ってはる人もいます♪
(だから毎日シャワーしないってのもあるみたい) 
ってことで…こちらには、日本のような自動式?!ビデなんて、
素敵なものはもちろん存在いたしません(・ω・´)ゝ

洗顔はしませんの。

あと、女性の結構な方が
水(お湯)を使っての洗顔をされません(゚ω゚) 
demaquillant(デマキヤン)と呼ばれる、
ふき取り水で化粧落としが本来ですが…
洗顔代わりにコットンに湿らせお顔をふき~
毎朝の洗顔代わりに使われてます。

la-roche-posay-effaclar-eau-micellaire-purifiante-400ml


なんでも、硬水はお肌…特に、お顔には良くないって理由みたいです(・´ω`・) 
あと~頭洗うときは、頭を後ろに傾けてもらって洗います。 




なんやかんや、日仏比較すると細かい違いがちょこちょこあります。
日本のように足や身体をあっためる習慣は、
時には心臓に負担を強いたり、湯船となる漬かってる時は見守り要だったり…
介護側は注意しないとですが。。
ホンマに気持ちが良いし、温めることは身体的に良さそうなこと多々ですよね。


湯舟なしの人生を送ってこられた方も一定数おられ、
習慣がない、おフランスのお年を召した方々~
きっと、シャワー嫌いな人でも
湯船に漬かることを好む方はいるんじゃないかな~って思ったり♪

20190826054048



日本の入浴は週2回が大半な老人ホームに対して・・・ 
毎日、シャワーなり清拭なりをしてる~フランス!
これには、清潔保持だバンザイ☆です。
 日本だとお風呂に入るぞー。。で気合必要感! 
おフランス、各居室のシャワーでちゃちゃと感♪

両方良いも悪いもありしで~♪
しかし、フランスおにゅー文化として…足湯くらい 
定着してもいいかもなーって、思いはせてる日本人介護士です(笑)


francekaigo at 05:56|PermalinkComments(1)

2019年08月16日

お靴

こんばんわーしゅぺっとです♪

 femme-actu

さて今回は…

こっちで仕事始めてびつくりしたこと( ; ロ)゚ ゚ 


それは、、、靴!!!


 veste-blazer-vintage-authentique


ここまでのピンな感じはないですが、

ヒール靴、ヒールサンダルな方も多々です♪
(入居者の方々も~)

 

日本では、玄関があって…靴ぬいで上がって~

が普通で土とかもってのほか。。

こっちでは、、

やっぱり玄関はなく…土足の人もやっぱいるのかな~?

 

私の周りのフランス人友達の大体が

ドア入り口でスリッパに履き替えて~

外と内と違いをつけたりしてます

 
mamie p


さて老人ホームでは

まぁ大体過ごすは施設内でして…

お庭へ散歩かまたは自立してはる方は

近くの町やスーパーへお買いものへ行きはりますが。

 

自立した方々は

自室の部屋を出る時に履き替えをしてはります。

お部屋では、スリッパとかサボとか~

 


フランス意識の元、、プラス日本での常識的な感覚

特養で働きだしてすぐの時。

その他の大半の車イスで介助が必要な方を

入所者をベットへ臥床の介助をしていたら(2人介助で~)

もう一人のフランス人介護士さんに・・・

 

「ベットの上に上がるまで靴は脱がさないでね~」

 

って。。

私の日本人感覚では勿論~

靴で布団・ベッドに上がるなんて…

靴底もなにがついてるかわからんしぃ・・・



やけど~こっちの方々の言い分は…


靴下でフローリングの床は滑って危ない!


裸足やと例えば車椅子の角とかにぶつけた時に怪我するおそれあり。


危ない!!!って。

(介護者の腰を屈める回数も減り負担軽ですが(笑))

 

 chaussons-femme
こちらでも調節できるタイプはマストです♪


Chausson-mixte-Granit


生活習慣が違えば感覚も違ってくるんですね。。

とりあえずは、

郷に入ったら郷にしたがえ

これを皮切りに、、

まぁいろんな新しいフランス文化を

感じていく次第でありました(´д`)人 (´д`)



francekaigo at 07:30|PermalinkComments(0)

2019年08月12日

ソフト面*フランス老人ホームで働く人々*


こんにちわーしゅぺっとです♪

今日はソフト面。
こちらの老人ホームで働く人々の紹介をさせてもらいたいと思います。

20190812192529-1


私自身、フランスにて2つ老人ホームの経験があります。

2つの職場を比較すると人数にちょっとした違いはありますが、、
大体フランスの老人ホームは、
こんな感じだろうって記させてもらいますね♪

日勤帯でほぼ常勤な方々
施設長Directeur
副施設長Directeur adjoint
事務員”Secrétaire”
医師Docteur
相談員Coordinateur
レクリェーション専門の人”animateur”
整体師・接骨医”Ostéopathie”
運動療法士”kinésithérapeute”
臨床心理士”Psychologue”
看護師(介護士兼)長"Infirmièr coordinateur"
看護師"Infirmier" (100床で約4、5人/日勤帯)
介護士"Aide soignant" (入所者約10人前後に対し1人/日勤帯)
 掃除・食事配膳・洗濯の人  "Assistant de Soin des Hôpitaux" (直接介護以外の家事的なことをする人。介護士の約半数/日勤帯)
調理員cuisinier
レストランサービス員”Serveur”

日によりけりな方々
作業療法士”Ergothérapie”
 美容師(散髪)Coiffeur
美容師(マニュキュア・脱毛など)”esthéticien"
言語療法士"Orthoponisthe"
 足病医”Podologue”

*フランス語表記はすべて男性形の表示です

EhPad kine


こんな感じです(*´▽`*)ゞ
なんや、日本語訳あやしい箇所もあり(笑) 
日本語⇔フランス語間の名前と仕事内容の違いあるものもありますが、
おおまかな感じで日本の施設職員にあてはめてみました♪

日本に比べ、
それぞれの専門分野でのアプローチサービスが沢山ある気がします。

 日本の老人ホームにはない、リハビリも出来たり。
 なんといってもレク専門の人がいるのはかなりいいですーーー★☆ 



レク内容も、れっきとした職種。
プロで勉強してきてはるので濃ゆいし毎日が新鮮なんです♪
入所者さんたちにとっても、
日々の刺激となりとても良い効果をもたらしてると思います。

美容師さんも週に2~4回くらい来ます。
カットだけではなく、パーマやカラー、洗髪からセットまで!
(仏のお年寄りは自分では洗髪せず、週一の美容室にてな方も) 

言語療法士は老人ホームでは主に嚥下の状態をみてくれて、
食事形態の判断をしてくれます。

足病医?なんじゃこりゃー(笑)ですよね。
日本語直訳なんですが、、
要は難しい足の爪を切ったり、水虫やら足の病気や靴探しなど対応します。


ただ1つ・・・ 
こんなにスペシャリストがいて、
各職種集まってのディスカッションの場がないに等しいこと。 

勿論、看護や介護は毎日申し送りがあるし電子カルテもあるからかな。
こんだけ沢山の専門的な角度から助言あり。

逆に多すぎて現実、皆が集まるには難しいかな~
これでカンファレンスが出来たらええやろなぁって、いつも思っています( ´◡` ) 


またの時に職種の説明や仕事内容やらの紹介をさせて頂きます★☆


francekaigo at 19:37|PermalinkComments(0)