手湿疹*気をつけたこと・取り入れた豆知識編**初夏の草花*ある日のフランスでのレクリェーション

2019年08月12日

ソフト面*フランス老人ホームで働く人々*


こんにちわーしゅぺっとです♪

今日はソフト面。
こちらの老人ホームで働く人々の紹介をさせてもらいたいと思います。

20190812192529-1


私自身、フランスにて2つ老人ホームの経験があります。

2つの職場を比較すると人数にちょっとした違いはありますが、、
大体フランスの老人ホームは、
こんな感じだろうって記させてもらいますね♪

日勤帯でほぼ常勤な方々
施設長Directeur
副施設長Directeur adjoint
事務員”Secrétaire”
医師Docteur
相談員Coordinateur
レクリェーション専門の人”animateur”
整体師・接骨医”Ostéopathie”
運動療法士”kinésithérapeute”
臨床心理士”Psychologue”
看護師(介護士兼)長"Infirmièr coordinateur"
看護師"Infirmier" (100床で約4、5人/日勤帯)
介護士"Aide soignant" (入所者約10人前後に対し1人/日勤帯)
 掃除・食事配膳・洗濯の人  "Assistant de Soin des Hôpitaux" (直接介護以外の家事的なことをする人。介護士の約半数/日勤帯)
調理員cuisinier
レストランサービス員”Serveur”

日によりけりな方々
作業療法士”Ergothérapie”
 美容師(散髪)Coiffeur
美容師(マニュキュア・脱毛など)”esthéticien"
言語療法士"Orthoponisthe"
 足病医”Podologue”

*フランス語表記はすべて男性形の表示です

EhPad kine


こんな感じです(*´▽`*)ゞ
なんや、日本語訳あやしい箇所もあり(笑) 
日本語⇔フランス語間の名前と仕事内容の違いあるものもありますが、
おおまかな感じで日本の施設職員にあてはめてみました♪

日本に比べ、
それぞれの専門分野でのアプローチサービスが沢山ある気がします。

 日本の老人ホームにはない、リハビリも出来たり。
 なんといってもレク専門の人がいるのはかなりいいですーーー★☆ 



レク内容も、れっきとした職種。
プロで勉強してきてはるので濃ゆいし毎日が新鮮なんです♪
入所者さんたちにとっても、
日々の刺激となりとても良い効果をもたらしてると思います。

美容師さんも週に2~4回くらい来ます。
カットだけではなく、パーマやカラー、洗髪からセットまで!
(仏のお年寄りは自分では洗髪せず、週一の美容室にてな方も) 

言語療法士は老人ホームでは主に嚥下の状態をみてくれて、
食事形態の判断をしてくれます。

足病医?なんじゃこりゃー(笑)ですよね。
日本語直訳なんですが、、
要は難しい足の爪を切ったり、水虫やら足の病気や靴探しなど対応します。


ただ1つ・・・ 
こんなにスペシャリストがいて、
各職種集まってのディスカッションの場がないに等しいこと。 

勿論、看護や介護は毎日申し送りがあるし電子カルテもあるからかな。
こんだけ沢山の専門的な角度から助言あり。

逆に多すぎて現実、皆が集まるには難しいかな~
これでカンファレンスが出来たらええやろなぁって、いつも思っています( ´◡` ) 


またの時に職種の説明や仕事内容やらの紹介をさせて頂きます★☆


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
手湿疹*気をつけたこと・取り入れた豆知識編**初夏の草花*ある日のフランスでのレクリェーション